さくらさんのお仕事メモ

21才であの世へ旅立った白黒さくらさん、その2年後に家族になった茶トラのハナチョン、そして41歳人間♀sanaとゆかいな家族たちの日常です。

Entries

さくらさんじゃなきゃダメなんです。

励ましのコメント、たくさんの訪問や拍手、ありがとうございます。

セスコンさんや私のことを心配してくださってありがとうございます。

さくらさんは、毎日毎日、いろんな方法で存在を知らせてくれています。
喜びも怒りも伝えてきます。
まるで、生きているときのやりとりが続いているかのようです。

セスコンさんは、家事をこなすことで寂しさを紛らわしています。
セスコンさんも私も、ご飯があまり食べられません。
でも、倒れたらいけないから、一所懸命食べてます。
私は、一人で住むには広いアパートで、ひっそりと暮らしています。
さくらさんが不調になってから、自分のことはまったく手つかずでした。
私もノミにやられてしまって、全身に飛び火していました。
私の不在時にさくらさんの状況が悪くなるのが怖くて病院へ行けずにいました。
でも、ようやく病院へ行くことができました。
今はsanaが抗生物質をたくさん飲んでます。
治るのが良いのだけれど、さくらさんとの生活の証が一つ消えるようで切なくもあります。

オネチャマ~は毎日お仕事に行っています。
接客だから、泣いて目が腫れてはいけません。
とても我慢していると思います。

じ様はウォ~キングを始めました。
それに、年老いた♂同士、ヨチヨくんとの絆が深まったようです。

さくらさんのママはとても忙しい人なので、あまり連絡をとっていません。
今も昔も。
彼女なりに悲しみをこらえていることでしょう。
さくらさんと会えたこと、さくらさんのママに感謝の気持ちで一杯です。

セスコンさんも、オネチャマ~も、じ様も、
ひたすらsanaを心配してくれます。

だからいつまでもメソメソしていられないです。
すこしずつブログを通して気持ちの整理をしていきたいと思います。



さくらさんがお骨になってから、sanaはさくらさんを手放せずにいます。

どうしてもひとりぼっちにできない。
最期の「行くな」と私の手を握ってきたさくらさんの感触が、
どうしても抜けないんです・・・。

指先だけをニギニギするんじゃなくて、あのときは私の指全体を握ってきました。
どうやったらそういう風になるのかわからなかったし、
今もわかりません。

でも、まるで小さな子供から手を握られているような感触でした。

だから、お骨になったさくらさんを部屋に置いて行くことはできないんです。

そして、未だにセスコンさんちに居るとき、
「さくらちゃんが待ってるから早く帰らなきゃ!」って思うんです。
「電気付けてきたっけ?」って思うんです。
でも、次の瞬間、目の前のお骨を見て現実に引き戻されるんです。

お骨を連れて回るのは寂しいからだけじゃなくて、
さくらさんが死んだことを体に・・頭に・・心に・・わからせるためでもあります。

さみしいんです。つらいんです。
さくらさんが居なくて、触れられなくて、声が聞けなくて
発狂しそうなほど寂しいんです。

明け方、ご飯をねだって起こしに来るさくらさんがいない。
「おはようマッサ~ジ」をしてあげるさくらさんがいない。
朝、どれだけ寝坊しても怒るさくらさんがいない。
お水を飲む度に「あごを拭いて」と待っているさくらさんがいない。
お水を飲む音も、ご飯を食べる音も聞こえない。
テレビを見ていたら、「仕事部屋に戻ってこい!」と呼びに来るさくらさんがいない。
昼寝をしても、寝顔を観察しているさくらさんがいない。
22時のカリカリ交換タイムを教えてくれるさくらさんがいない。
お風呂の外から叫び声が聞こえない。
24時の「もう寝るよ!」って誘いに来るさくらさんがいない。
夜中、何度も起こしに来てはマッサ~ジをねだるさくらさんがいない。

そばに居て・・マッサ~ジしてチョウダイ・・と言ってくれる、さくらさんがいない。


早く涙が涸れるなら、こうしてなんだって言葉にします。
なりふりかまわず、さくらさんを想います。

さくらさんじゃなきゃダメなんです。







~~追伸~~
以前ベランダにやってきた黒白子猫ちゃんへ暖かい家族を・・とのお願いのコメントを頂きました。
でも、ごめんなさいね。
sanaは毎日家にいる生活ではないのです。
秋から春先にかけては、月の半分を出張で不在にします。
今年は特に出張が多くて、11月から3月は帰宅できる日は数えるほどになります。
こういう状況のなか、野良ちゃんを餌付けして、
キレイにしてあげて家族を見つけてあげるのは逆に中途半端で無責任なことに終わります。
だから、今は何もしません。
ただ、ベランダには入ろうと思えば入ってこられます。
入ってくれば、雨風をしのげる状態です。
でも、それまでです。
その黒白猫ちゃんのために寝床を用意するとか、ご飯を出しておくとかはしません。
ベランダで見つけたとしても、声をかけることはしないと思います。

このベランダには、毎日人が出てくるわけではないのですから・・。

中途半端でかえってかわいそうな思いをさせるのは、sanaには出来ません。
冷たいと思われるかもしれませんが、どうかご理解頂きたいと思います。

ただね、黒白子猫ちゃん、大きなお屋敷のお庭に入って行っていました。
そこのお家にはワンちゃんがいます。
それでも入って行っていたから、ご飯をもらっているのでしょうか・・。

sanaは、中途半端に終わるなら手は出さないと決めています。
これはずっと昔から変わりません。
端から見たら冷たいこと、この上ないと思います。
なんども手をさしのべたい子猫や猟犬に出会いました。
でも、その場しのぎで命をつないでも、sanaはすぐに立ち去ってしまう・・
毎日ご飯を持っていってあげられるわけではない・・。
sanaが一度手をさしのべたが為に、毎日そこへ通ってしまうことの方がリスクになる場合だってあります。

ほおっておいて平気ではないです。
いつも泣いて謝ります。
ごめんね、ごめんね。
毎日来られる訳じゃないんだよ。毎日お世話してあげられないんだよって。
それでも後を追って来られると、心が張り裂けそうになります。
なんで着いてくるんだ?何もしてあげてないのに、なんでついてくるんだ?


sanaが大金持ちで、家も広くて、毎日家に居る生活ならば、
喜んでお手伝いします。みんな連れて帰って、暖かい寝床とご飯を食べさせます。

でも、そうじゃない。自分が食っていくだけで精一杯。
さくらさんのことは先を見越して貯金を作っていたからお世話できました。
でも、今はできません。

どうかどうか、ご理解頂きたいと思います。
どうかどうか、ゆるしてください。

sana
スポンサーサイト

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/29 08:58分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/29 14:28分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/29 14:32分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/29 15:56分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/29 19:33分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/29 20:26分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/29 23:14分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/30 00:15分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/30 20:27分 
  • [Edit]

ありがとうございました。 

みなさまへ
ひとつひとつのお返事ができなくてごめんなさい。
ご飯はちゃんと食べてます。
夜は睡眠時間は取れています。
日に日に部屋にさくらさんの写真が増えています。
さくらさんの死を受け入れているのかどうか、わかりません。
でも、みなさんのおっしゃるとおり、焦らずゆっくりゆっくりいこうとおもいます。
  • posted by ステップマザ~sana 
  • URL 
  • 2012.11/01 03:06分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

登場人物紹介

【セスコンさん】
   sanaの母
   猫たちの「お腹係」

【じ様】
   sanaの父
   笑顔とエプロンが似合う

【kei】
   セスコンさんの妹
   sana姉妹の叔母
   ハナチョンのマッサージ係

【オネチャマ~】
   sanaの姉
   ヨチヨ君のかあちゃん
   セスコン&じ様の次女
   さくらママの妹

【さくらさんのママ】
   sanaの姉
   セスコン&じ様の長女
   トクボンの母

【トクボン】
   さくらママの息子
   セスコン&じ様の孫
   sanaの甥っ子

右サイドメニュー

さくら&ヨチヨのプロフィール

名前:さくら
性別:♀
生まれ:1991年7月
病歴:腎不全(2004年以降)
性格:とても強い・激しい
生活:sana実家でほぼ一生を暮らし、晩年の1年ちょっとはsanaと2人暮らし
2012年10月24日 21歳で亡くなりました
名前:ヨチヨ・ショコラ
性別:♂
生まれ:2002年
病歴:脱腸(2002年)/
    ノミアレルギー(2011年)
性格:超ビビリ・石の上にも三年
生活:sana実家で4人暮らし

ハナチョンのプロフィール

[広告] VPS
sana町内のゴミをあさっていた野良猫ハナチョン。
セスコンさんとの話し合いの結果、おうちねことすることに決めました。
2013年11月から餌付け開始、2014年7月に捕獲&避妊手術を終え、sanaファミリーの一員となりました。
年齢不明。餌付け開始の頃が多分2歳くらい?
特技多数。

おならもかわいい、茶トラ♀

[広告] VPS

sanaのプロフィール

ステップマザ~sana

Author:ステップマザ~sana
41歳メス人間。